【公式通販】イケゾエガレ&ロミオ通販サイト New Open!

イケゾエガレとは?

今回はイケゾエガレ&ロミオの共同経営者であるイケゾエガレについて語りたく思う。

ファンの皆様から毎回、イケゾエガレ本人の人となり等の質問が求められ、本来は個別にメールにてお伝えすることが礼儀だと思うのだが、如何せん返信メール総数が膨大な量になるため、ご非難もあろうかと思うがこちらにてお伝えするのでご了承頂ければ幸いである。

質問者:イケゾエガレ氏の人となりが気になります、一体どんな人物なのですか?

イケゾエガレ(Ikezoe Gallet 1981- 兵庫県姫路市)は、日本の宝飾デザイナー(ジュエリーデザイナー・ジュエリー作家)で知られ、このイケゾエガレ&ロミオ公式Webメディア「宝石商を目指す人のためのサイト|イケゾエ宝飾家」の編集長でもある。

両親ともに日本人でありハーフではない。ガレという名称はフランスのアールヌーヴォーの代表格であるガラス工芸家エミール・ガレから拝借したデザイナーネームだ。

ジュエリーデザイナー・ジュエリー作家イケゾエガレは、天然石をふんだんに使用した銀ジュエリーを得意とする。

氏はメディア等の露出が非常に少なく、メディア嫌いの関係からインターネットで検索してもその名はでてこないこともあって、活動内容があまり公になってはいない。

宝石業界にはジョエル・アーサー・ローゼンタールという天才宝飾家が存在する。

彼は通称「JAR(ジャー)」と呼ばれ、そのファンタジーあふれるデザイン及び芸術センスはジュエリー業界に強い影響を与える「現在のカリスマ」である。

イケゾエガレ自身、そのローゼンタール氏を見習い、その後姿を追う新進気鋭のデザイナーの一人である。

イケゾエガレは、かつてアジアの国際金融都市「香港(HongKong)」を活動の中心に置いていたが、あのリーマンショックをきっかけに日本に帰国した。

ガレが活動の主軸を香港に置いていた理由は、ジュエリーの投資熱の強い市民層の支援もあり、日本ではなく香港にて自身の作品のブランディング構築のためであった。

帰国後、タイ王国を拠点とする三代続くコランダム王(ルビーとサファイアの鉱物名をコランダムと呼称する)で知られる有力宝石商の一族とパートナーシップを組み、創作活動及び作品発表を精力的に展開する。

その後、ガレは中国富裕層が集まる北京市の某有名国営オークションハウスにて、自身のブランディングを試みる等の試行錯誤を繰り返し、現在は活動拠点(アトリエ)を大阪府大阪市から故郷である兵庫県姫路市に移して創作活動に従事している。

イケゾエガレは自身の芸術活動にて以下のクリエイティブポリシーを貫いている。

ジュエリー作家イケゾエガレ曰く「宝飾デザイナーの使命は、女性をシンデレラにすることだ」

ジュエリーデザイナーは女性を輝かす仕事であって、それは女性の人生を花鮮やかに彩り、ときに豪華絢爛に輝かせるということに通ずる。

どんな女性をもプリンセスにすることこそが宝飾デザイナーの本来の使命という意味だろう。

これが『指輪詩人』と呼ばれるジュエリーデザイナーの仕事に向き合う、イケゾエガレのプロフェッショナルとしての仕事の流儀である。

よく読者の皆さんから頂戴する質問が「ガレ作品」を購入したいがどこで買えるのか?という質問を頂く。

最近、多くの転売業者によってガレ作品がネットに出回っているが、ネットに流通している「イケゾエガレ作品」は宝石店用の卸商品の余剰品、納品にあたっての不良品が発生したときの予備品だ。

斜陽産業と呼ばれる宝飾業界、宝石店オーナーの経営を救うための「安価なガレ作品」ともいえる。

確かにイケゾエガレの作品ではあるが、あくまで宝石店が売りやすい価格を考慮した業販用の銀ジュエリーなのだ。この余剰品を転売業者がネットに販売しているにすぎない。

業販用ガレ作品は、例えるならば高級腕時計「ロレックス」の廉価版であるチュードルみたいなものであって、イケゾエガレ作品の真骨頂ではない。

イケゾエガレの情熱と美意識を込めた『最新作』をどうしても購入されたい方は、是非ともイケゾエガレ&ロミオ公式通販のメルマガ登録(無料)をおススメする。

なぜなら『イケゾエガレ作品』の購入に関しては、メルマガを登録された熱烈なファン及びパトロンのみ個別に限定的に案内しているからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA