[PR]イケゾエガレ&ロミオの作品購入はこちら >>

用の美とジュエリー

本日はジュエリーのデザイン、つまり「宝飾品の設計」について大変に興味深い質問を頂いたので答えていきたく思う。この質問はとても奥深い内容だといえる。

質問者:ジュエリーは民藝のような工芸品ですか?

今回の質問者は民藝運動の創始者である柳宗悦先生が提唱する「民藝美」という美学が、ジュエリーにも存在するのかという質問である。

質問者は某芸術大学に通っている現役芸大生からの質問だ。

民藝品の美意識とは、「無名の職人による手仕事による日常的な美」というものが根底にあるわけだが、それを柳先生は「用の美」として民藝運動の根底に据えているわけだ。

また大正時代に生まれた日本独特のこの美の流れは、令和の時代にあっても現在進行形で続いており、民藝という言葉自体は決して「死語」ではなく、大衆文化や芸術を示唆する専門用語として広く根付いている。

解釈というよりも表現方法として分かりやすく現代的に例えるとすれば、 大衆文化という観点から「民藝」は「ハンドメイド」というニュアンスに若干近いのかもしれない。

この大衆文化の美のなかに宝飾品という資産価値を有しながら、ブルジョアやセレブティのようなイメージを醸し出すジュエリー芸術が民藝に位置するのは定かではないといえる。

しかしジュエリー製品自体は脇に置き、デザインという分野のみに置いて考えるとき、案の定ジュエリーも民藝運動の流れに位置できるのかもしれない。

ジュエリーデザイン、つまり「宝飾品の設計」ではあるが、日本人と西洋人の感覚的美意識が大きく作用する分野といえる。

そもそも論ではあるがジュエリーとは、明治以降に輸入された豪華絢爛たる舶来文化であり、華美の極みといえよう。どちらかといえば民芸品というよりも、琳派という華やぎを意味する装飾性あふれる工芸品の方が近いのかもしれない。

私たち日本人は、長き歴史の中でその生活習慣に「侘び・寂び」の文化を生み出し、四季折々の美意識を楽しんできた経緯がある。

民藝とは、そのなかで近代に醸成された「美意識」といえる。

「用の美」というのは、デザインされた工芸品のなかに素朴だが純粋に美しく感じる感性であり、冒頭でも述べたが民藝運動の根底に据えられている譲ることができない美学だ。

つまりジュエリーのなかに用の美があるのかと読者諸君に問われたならば、率直に申し上げると「回答に困る」というのが現実的な返答になるだろう。

なぜなら用の美というのは、調和した美というよりも「和洋折衷のような違和感のない奥深い美意識」といえるからだ。

言い換えれば用の美とは「デザイナーによる遊び心」ともいえる。一見、機能的には無駄に見えるデザインだが、なくてはならない「静かな主張」とも呼べるものであり、個々の製品において製品を形作る豊かさといえる。

私たちイケゾエガレ&ロミオも、ジュエリーとして必要不可欠な要素(機能美と審美性)は堅持しながらも日々、ジュエリーのなかに民藝的要素である「用の美」を取り入れるため研鑽中だ。

ジュエリーのなかに「用の美」の魂の息吹を吹き込むことは、日本人デザイナーとして永遠の課題といえる。というのも設計(デザイン)とは時代の先駆けであり、進歩とは後からついてくるものなのかもしれないからだ。

さて以上のことから、私たちイケゾエガレ&ロミオのジュエリーの新作発表はメルマガのみで発表しているので、私たちの作品に興味がある方は、是非ともメルマガ登録(無料)されることをおススメしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA