[PR]イケゾ作品|6月上旬より販売開始

website banner
official
emerald

はじめに宝石総合メディアイケゾエガレ&ロミオ公式サイト|王の名を冠する宝飾家』は、ジュエリーに興味のある人のための宝石情報サイトである。

本サイト『王の名を冠する宝飾家』は、私たちイケゾエガレ&ロミオ(以下、イケゾと称する)が2012年夏季ロンドンオリンピック開催を祝賀し、第63代英国君主エリザベス2世女王陛下にジュエリーの献上をお伺いしたところ、英国王室から謝礼のロイヤルレターを頂戴したことが由来となっている。

big ben

一般的に宝石商といえば、日本では名称だけが先行しており、残念ながら今日の日本社会では宝石商の仕事が広く認知されていないため、「胡散臭い」「怪しい商売」といった様々な偏見や悲しい誤解が生じている。

platinum jubilee

そこでジュエリーに関する素朴な疑問を解決する『イケゾエガレ&ロミオ公式サイト|王の名を冠する宝飾家』では、宝石商としての誤解を紐解きながら、宝石商の仕事内容や『ジュエリーの賢い購入方法等のノウハウ』などを宝石の伝道師的な立場で読者の諸君に紹介している。

security

私たちイケゾが宝飾デザイナー兼任宝石商として歩んできた「門外不出のノウハウ(宝石業界のブラックボックス)」を一般公開し、宝石に関する疑問点の解消をはじめ、ジュエリーを身に着けることや贈り物にする喜びをとおして、少しでも読者の諸君が華ある人生を歩んでいくための知識となれば幸いである。

transaction

ちなみにイケゾに寄せられる「質問のベスト3」が大変有難いことに私たちの登録商標「イケゾエガレ&ロミオ」の仕入れ或いは「商品の仕入(卸)」についてが大半を占める。

簡単に言えば私たちのジュエリー商品を仕入れて、リアル店舗やネットショップ等で販売したいという内容だ。

そこで私たちのブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(商標登録:第6501874号)」を本記事にて紹介させてもらう。

himeji castle

【当社の歴史】
『時代を編む美意識』を社是とする私たちイケゾは、桃山時代後期に興り、日本美術史上屈指の華やかな装飾や大胆なデザインを得意とする美術家・工芸家らによる琳派を系譜とした、世界遺産「姫路城」城下町を拠点とする宝飾デザイナーブランドだ。

carp

琳派を創業した本阿弥光悦と俵屋宗達、そして尾形光琳・乾山兄弟によって発展し、酒井抱一・鈴木其一らによって日本人の確かなる「美意識」となった琳派は、イケゾエガレ&ロミオ兄弟によって「エグゼクティブジュエリー」として2020年に琳派株式会社として再興した。

Japanese umbrella

世界中の原石の買付けから始まりデザインまで全て自社で一括管理。国内市場向けに製造とプロデュースを行い、国内の専門店に商品を卸していることから、私たちは日本のジュエリー業界から「琳派の宝石商」と呼ばれている。

ring

【私たちが選ばれる理由】
創業以来、イケゾは海外の有名な高級オークションハウスを中心に一点あたりの評価額が数百万円とする高級ジュエリーや高級ルースを販売してきたが、国内のブランディング戦略の一環として、2021年7月から新進気鋭のジュエリーブランドとして日本市場に参入することとなった。

vienna

イケゾの製品は、世界のセレブたちに認められた高品質なジュエリーのみをお届けするという当社の誇りにかけて制作している。世界遺産「姫路城」城下町に本社を構え、日本人の「美意識」を大事とする琳派の宝石商だからこそ成せる高品質なジュエリーを顧客に届けることが使命だ。

maple

またイケゾの製品は『マスターピース・オブ・ロット生産(マスカスタマイゼーション改良型)』による1点モノジュエリーだ。

この生産方法は徹底した生産管理により、通常の1点100個単位の量産ではなく、「1点1個を基本とした必要以上の生産をしない」というサスティナブルな生産活動。この仕組みは小売店及び卸先の在庫負担及びデッドストックを解決し、流通速度・キャッシュフローを高め、商品棚に「毎日新作」が陳列される仕組みとなっている。

jar

【イケゾエガレ&ロミオ兄弟】
現在の宝石業界には「ジョエル・アーサー・ローゼンタール」という天才宝飾家が存在する。

彼は通称「JAR(ジャー)」と呼ばれ、そのファンタジーあふれるデザイン及び芸術センスはジュエリー業界に強い影響を与える「現代のカリスマ」であり、彼の作品は海外の高級オークションの代表格サザビーズやクリスティーズなどで1作品あたり数千万円から数億円で取引されていることで知られる。

design

イケゾエガレ&ロミオ兄弟は、ジュエリー業界の現代のカリスマである宝飾家ジョエル・アーサー・ローゼンタール氏を自分たちの「Meister(マイスター)」と定め、その後姿を追う新進気鋭のデザイナーだ。

最後に本サイト『王の名を冠する宝飾家』では、資産価値がある宝石やジュエリーを適正価格で購入する方法をはじめ、節税対策として「動産資産」「宝飾美術品」としてジュエリーを所有したい法人個人に対して、私たちイケゾは「顧問宝石商」としての立場からノウハウや助言、無料相談を随時行っている。

jewelry 1

以上のことから宝石総合メディア『イケゾエガレ&ロミオ公式サイト|王の名を冠する宝飾家』では、宝飾業界の裏話、宝石商としての心得、儲かるための宝石商ノウハウ、動産として認められる宝飾美術品の情報発信はもとより、私たちの体験談(メルマガを登録された方のみ限定)を発信しているので、是非とも末永くお付き合い頂ければ幸いである。

retail
mailmaga new
offical banner