[PR]イケゾエガレ&ロミオ展|7月展 開催中

ルイ・ヴィトンのピアス

01 1
イケゾエガレ&ロミオ公式通販|本サイトは新進気鋭のジュエリーデザイナー「IKEZOE GALLET&ROMEO」の公式通販サイト。誕生石・天然石の指輪(リング)、ピアス、ネックレス、ペンダント等の1点モノジュエリーが購入できます。
louis vuitton Stfi PSG 1 DI3
参照元:Louis Vuitton「シャンゼリゼ本店」より
本日の質問

ルイ・ヴィトンのピアスを購入予定ですが、これもネックレス同様に金額相応の価値はありますか?

今回の質問者は、ルイ・ヴィトンのネックレスと同じ質問者だ。

婚約者への誕生日プレゼントとして、ルイ・ヴィトンのネックレスを購入されるか、ピアスを購入されるか大変に迷っておられることから、私たちイケゾエガレ&ロミオ(以下、イケゾと称する)に質問をされてきたわけだ。

LouisVuitton1

前回の質問である「ルイ・ヴィトンのネックレス」を読まれていない方は、前知識を得るうえでも熟読されることをおススメする。

Louis Vuitton02 1024x731 1

それでは時間もないことから本題に入ろうかと思う。

ルイ・ヴィトンのネックレスに関しては、ブランド価値のついて論じたわけだが今回もそれに準じた内容になる。

前回、読者諸君が知っているルイ・ヴィトンとはいかなるものかというものを論じた。

1SOZ GzyGUScwiAVdPsieWA
参照元:Medium より

その答えがルイ・ヴィトンは世間一般には「ラグジュアリーブランド」の最高峰としてのイメージがあるということだ。

とりわけファッションブランドとしてのイメージのほうが強く、ラグジュアリーというよりも知名度先行もあることさながら、鞄ブランド(もしくは革ブランド)としては世界一のラグジュアリーブランドであることは間違いない。

鞄ブランド、もしくは革ブランドにおいて「知名度が世界一のラグジュアリーブランド」であっても、ジュエリーがそうであるとは限らないのが世間一般的な考え方でもある。

louis vuitton M46203 PM2 Front20view 1
参照元:Louis Vuitton 公式サイト より

主力販売である革製品だけでなく、ジュエリーや腕時計などにルイ・ヴィトンが作品発表するには理由がある。

ルイ・ヴィトンはブルガリ、ティファニーなどのラグジュアリーブランドの世界的グループである「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(通称:LVMH)」に属するからだ。

LVMH
参照元:Luxury Abode より

ブルガリやティファニーといえば世界的なジュエリーブランドである。

つまりLVMH内におけるノウハウ、その他に鞄ブランドのルイ・ヴィトンだから「ジュエリーも間違いない」といったブランド価値によるシナジー効果を期待しているというわけだ。

要約すればルイ・ヴィトンの鞄や財布は品質的に値段相応なものだが、ルイ・ヴィトンのピアスがそうかといえば私たちイケゾからみれば残念ながらそうではない。

Louis Vuitton1
参照元:Louis Vuitton 公式サイト より

だからといってセカンダリーマーケットでは二束三文の値段で売買されるかといえば、ブランド価値の関係からルイ・ヴィトンのピアスは高値で取引されている。

ルイ・ヴィトンのネックレスでも論じたが、これがルイ・ヴィトンの価値である。

「ルイ・ヴィトンのピアス」というブランド価値を贈りたいのであれば、ジュエリーブランドでもある私たちイケゾはルイ・ヴィトンのピアスの購入を奨励する。

そうではなく、価値あるピアスを贈りたいのであれば、カルティエやヴァンクリーフ&アーペルなどの世界5大ジュエラーでの購入を奨励している。

Harrods
参照元:Cartier 公式サイト より

ちなみにイケゾのジュエリー作品にはルイ・ヴィトンのピアスとは多少の赴きが違うけれども、天然宝石を豪華に使用しているピアスもあるので、興味がある方は「商品一覧」を覗いて頂ければ幸いである。

以上が今回の質問「ルイ・ヴィトンのピアスを購入予定ですが、これもネックレス同様に金額相応の価値はありますか?」の私たちの答えである。

イケゾエガレ&ロミオのメールマガジン(ニュースレター申込)|イケゾエガレ&ロミオのジュエリー最新作が届きます。本サイトは新進気鋭のジュエリーデザイナー公式通販。誕生石・天然石の指輪(リング)、ピアス、ネックレス、ペンダント等のジュエリー通販サイトです。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。