[PR]Amazon公式通販|在庫がなくなり次第 販売終了 >>

ブシュロンのキャトル

2e14fb958aafbebe1bcf501b092f9666
offical banner

本日はパリ五大宝飾店(グランサンク)であるブシュロンのジュエリーについての質問だ。

グランサンク・ブシュロンは「ケリンググループ」に属するラグジュアリーブランドだが、日本では同グループである系列主要ブランドのグッチやバレンシアガのほうが知名度は高い。

これもよい機会だと思うので、是非とも一読頂ければ幸いである。

Jing Daily
参照元:Jing Daily より
本日の質問

ブシュロンのキャトルは価値がありますか?

今回の質問者は、一世一代のプロポーズにブシュロンのキャトルリングを贈ろうとしている男性からの質問だ。

冒頭で述べたとおりブシュロンは知名度はさほど高くはなく、同グループのグッチやバレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタのほうが知名度が先行している。

とはいえどもブシュロンはグランサンクに名を連ねる宝石業界の一角であり、格調高い老舗宝石メーカーである。

PR TIMES1
参照元:PR TIMES より

ブシュロンをあまりご存じない読者諸君のため、その歴史を簡単に説明するが、かのブシュロン(Boucheron)は1858年に創業したフランスの高級宝飾品ブランドだ。

Wired Japan
参照元:Wired Japan より

前述したとおりハイジュエリーを中心に展開するが、時計や香水の商品展開も行っており、グッチやバレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタを傘下に置いているケリンググループの一員だ。

Robb Report 1
参照元:Robb-Report より

ケリングのなかでもブシュロンの立ち位置は、グループ最高位に属するランクにあるといっても良い。

Gucci Logo 1

創業者のフレデリック・ブシュロンといえば、アールヌーボー様式のらせん階段の手すりによく見受けられる流麗さを彷彿とさせるデザインをモチーフに使い、自然を活かしたスタイリッシュを取り入れたジュエリーで一世を風靡したことで知られる。

spiral staircase

宝飾業界においては創業者の名前がブランドになっているケースは非常に多い。

私たちイケゾエガレ&ロミオ(以下、イケゾと称する)も前例に倣い、デザイナー名をブランド化している。

wartski1

それほどこの業界は、創業者デザイナーの影響が強いといってもよく、別の観点からいえばメゾンの栄枯衰退は時代のジュエリーデザイナーに左右されるといっても良い。

wartski2
参照元:wartski より

そのブシュロンのなかでも2004年に華々しく登場した「キャトル」コレクションは、グラフィカルなクリエイションは次第にメゾンを象徴するシグネチャーとなったほどだ。

つまりブシュロンのキャトルコレクションは、かのブルガリの代表的なデザイン「ビーゼロワン」コレクションと同立場にあることから今やブシュロンの代表的なデザインコレクションとなっている。

とりわけ「キャトルブルー」は、鮮やかなブルーが印象的だ。

precious.jp2
参照元:precious.jp より

キャトルの中で人気なカラーバリエーションは「クラシック」「ブルー」「ホワイト」「レッド」「ブラック」「ラディアント」だ。

前置きが大変長くなって申し訳なかったが、今から本題に入らせてもらう。

「ブシュロンのキャトルは価値がありますか?」との質問だが、当然のようにジュエリーとしての価値は十二分にある。

ましてやパリ五大宝飾店(グランサンク)の一角を成す宝飾メゾンだ。

経験則的に20代30代の女性にはキャトルブルー、キャトルホワイトが人気がある。

ちなみにキャトルのカラーバリエーションだが、本人の好みによるところも多いのでプロポーズをする予定の彼女にさりげなく「どんなカラーが好きか」を尋ねるのも一考かと思う。

Boucheron logo

ともかくブシュロンのキャトルはシリーズ化されており、リングやペンダントと色々なバリエーションが存在するがプロポーズ用の指輪としても気品と品格を兼ね備えたジュエリーであることは、イケゾが保証する。

「ショーメのビーマイラブとリアン」でも記載したが、ブシュロンなどのラグジュアリーブランドに関しては、評価の分かれている部分もあることから、ブランドホルダー以外の小売店で購入するあたり、真贋問題も含めてその価格が妥当な価格もしくは適正な価格がどうかが判断に迷うところかと思う。

PR TIMES2
参照元:PR TIMES より

私たちイケゾはジュエリーブランドを立ち上げる前、ラグジュアリーブランドのリユース品を取り扱っていた経緯もあり、ブランドの価値及びその商品が適正値段かどうかの知識もあることから、購入に迷った方は是非とも王の名を冠する宝飾家メルマガ登録(無料)されることをおススメする。

顧問宝石商として読者諸君の良きアドバイスができることを切に願う次第である。