[PR]イケゾ作品|6月上旬より販売開始

ラボグロウンダイヤモンドのリング

507cfe8d6475b16e221fac1de4ab9445
offical banner
本日の質問

イケゾエのラボグロウンダイヤモンドの指輪はどこで売っていますか?

今回の質問者は、大変有難いことに私たちイケゾエガレ&ロミオから「ラボグロウンダイヤモンドのリング」を買いたい40代女性からの質問だ。

shutterstock 1419635897

他社のラボグロウンダイヤモンドのリングだが、Webで検索すればすぐに商品の販売サイトが表示されるだろう。

リングの中石の天然ダイヤモンドをラボグロウンダイヤモンドに入れ替えた既製品が市場で販売されている。さて質問者が気になる販売価格だが、1カラットのラボグロウンダイヤモンドのソリティアリングであれば、K18のゴールド台座で約30万円前後だ。

ジュエリーの概念として、宝飾品は母から娘へ受け継がれる資産価値の有する美術品と鑑みたとき、上記の販売価額は購入しやすい価額帯ともいえよう。

european union 1493894 scaled

1カラットのラボグロウンダイヤモンドで満足する方もおられるかもしれないが、それではラボグロウンダイヤモンドのメリットを「最大限」活かしきれていない。

ラボグロウンダイヤモンドのリングを販売する場合、リングだけでなく、これはピアスやネックレスにも当てはまることだが、やはり「多数カラット」のデザインこそラボグロウンダイヤモンドのメリットであり、最大の魅力といえる。

IMG 3908

基本的に私たちイケゾエガレ&ロミオのジュエリーは価格帯によって販売場所が異なる。

数百万円から数千万円の超高級ジュエリーに関しては、日本国ではなく、海外富裕層が顧客である海外高級オークションハウスにて委託販売している。

最低でも1カラット以上のラボグロウンダイヤモンドを使用すべきだと私たちは考えている。

そしてそれらは且つ大胆なデザインであるべきだと思う。

質問者はそんな斬新なデザインのラボグロウンダイヤモンドのリングを求めているからこそ、私たちイケゾエガレ&ロミオのラボグロウンダイヤモンドのリングがどこで買えるのかを質問していると推測する。

learn 4226965 scaled

その他の国内向けの宝石商のために製作した宝飾品に関しては、ヤフーオークションやアマゾン等々でラボグロウンダイヤモンドの普及活動のためは販売している。

とくにラボグロウンダイヤモンドのリングに関しては関係各位、すなわち既得権益の関係から大体的に販売は控えている。

時折、ヤフーオークションなどのBtoCサイト、CtoCサイトにて販売上限を設けたうえで販売している以外、Web上では出回ることは基本的にない。

02 5

それでは一般消費者がイケゾエガレ&ロミオのラボグロウンダイヤモンドのリングを買えないのかといえばそうではない。

イケゾエガレ&ロミオのラボグロウンダイヤモンドの購入方法に関しては、「ラボグロウンダイヤモンドの販売店」でも記述したが、業界には業界のルールというものがある。

そして諸君は奇跡的にこのサイトに辿りついたわけだ。それは広大な砂漠の中に旅人の疲れを癒すためのオアシスのような存在といっても良いかもしれない。

camels 1149803

読者諸君が希望するならば、私たちは特別対応にてラボグロウンダイヤモンドのリングを提供しているからだ。ちなみに私たちイケゾエガレ&ロミオが提供するラボグロウンダイヤモンドのリングは「二通り」ある。

02 7

(1)読者諸君の愛用のリングを私たちに送ってもらい、そのなかのリングをラボグロウンダイヤモンドに入れ替える方法。これは「ラボグロウンダイヤモンド代金」のみで非常に安く購入できる。

(2)私たちがデザインした1点モノのラボグロウンダイヤモンドのリングを購入する方法。これはデザイン料も含まれるが、私たちのラボグロウンダイヤモンドのリング作品が買える。

010 2

どちらの選択をしても良いが、そのためには私たちイケゾエガレ&ロミオのメールマガジンの登録が必須である。そのうえで「購入希望」という名目でお問い合わせをして頂ければ、真摯に対応させて頂こうと思う。

イケゾエガレ&ロミオのメールマガジン(ニュースレター申込)|イケゾエガレ&ロミオのジュエリー最新作が届きます。本サイトは新進気鋭のジュエリーデザイナー公式通販。誕生石・天然石の指輪(リング)、ピアス、ネックレス、ペンダント等のジュエリー通販サイトです。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。