[PR]イケゾ作品|6月上旬より販売開始

副業で始めた宝石商

c5ec373c0573add7b36800b525c548e5
offical banner
本日の質問

ヤフオクでジュエリーや宝石を売って生活できますか?

今回の質問者は、ヤフーオークションでジュエリーの販売による在宅副業を考えておられる主婦からの質問だ。

01 10

メルカリでジュエリーを販売しようと考えておられる方は、ヤフオクの部分をメルカリに置き換えて読んでもらえれば幸いである。

01 6

基本的にヤフオクには「ジュエリーの販売方法」というものがあるのだが、素人諸君はそのノウハウを知らない。そのノウハウを知りたいと思うので、早速だが本題に入ろうかと思う。

結論をいえば、ヤフオクやメルカリでもジュエリー販売によって生計を立てることは可能だ。

shutterstock 393228442

ヤフオクでの商売の基本は商材にもよるが、「1冊の本で1日100万部を売るよりも、100万冊の本で1日1冊を売る」というアマゾンの考え方によって成り立つ。

この統計を重視した販売戦略を専門用語で「ロングテール」と呼んでいる。

learn 4226965

簡単に言えば「確率と統計学」による販売戦略ではあるが、宝石販売もアマゾンが重視するロングテールが当てはまる。

具体的な方法としては以下のとおりだ。

[1]
最初に商品を100種類ほど用意し、1日の売上の統計をとる。

shutterstock 1766865122

[2]
仮に1個売れたなら、100個で1個売れたことになるので、確率は「1%」となる。

IMG 4202

[3]
そこで1日平均10個売りたいなら、10%のため商品掲載数を1000個揃えれば良いということになる。

そのために必要なことが1000個の商品の仕入れが必須条件となるが、当然のように資金が必要になる。

ちなみに最初に商品1000個を用意することにまとまった資金は必要だが、ロングテール戦略が確立すれば、その確率分の補充を行うだけでよい。

例えば1日10%なら1日10個売れるわけだから30日分として300個仕入れれば良い。

european union 1493894

資金が用意できない者は、そこで「画像転用」という手法をとる。すなわち「アフィリエイト」をほとんどの者が行うわけだが、ヤフオクやメルカリは所有していない商品の販売は禁止されている。

cc0160160106 TP V1

仮に何らかのテクニック及びアドバイスにより、アフィリエイトが実現できたとしても経験則的に諸君の利益はごくわずかだ。

なぜならそこには広告費や販売手数料、送料などの販促費及び販売管理費がかかるからだ。これがアフィリエイトが儲からない「副業」といわれる所以である。

4a08f2f5f7d3f166aa0d75d56e4cd9d1

とくに宝石でアフィリエイトを行った場合、高額であればあるほどクライアントからの返品というリスクを負う。

アフェリエイト元は返品を受け付けないため、諸君がそれを買い受けることになり、結局のところ諸君が大損する。

ipad 605420

アフェリエイト元は諸君を通して第三者に宝石を販売するが、仮に返品になっても諸君が買い受けるために損にはならない。もしろアフェリエイト元にとっては、諸君がお客になるため「利益」になる。

これが世に謳われる「宝石販売のアフェリエイト実態」といえる。

1325180252

さて話が本題からそれたので話をもとにもどすが、宝石の「ロングテール」は資本があれば問題ない。

いきなり1000個を仕入れる必要はなく、最初は100個から始めるのがベストだ。

しかし資本及び資金がない者はロングテール戦略は無理だといえる。ではどうすれば「ヤフオクでジュエリーを売って生活できるのか」といえば、それは簡単である。

010 2

私たちイケゾエガレ&ロミオのメルマガに登録の上、ご賛同頂いた読者にはそれが【実現可能】となる。

以上が大まかではあるが、ヤフオクでジュエリーや宝石を売って生活できる方法なので、是非とも参考にして頂ければ幸いである。

イケゾエガレ&ロミオのメールマガジン(ニュースレター申込)|イケゾエガレ&ロミオのジュエリー最新作が届きます。本サイトは新進気鋭のジュエリーデザイナー公式通販。誕生石・天然石の指輪(リング)、ピアス、ネックレス、ペンダント等のジュエリー通販サイトです。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。
ジュエリーブランド「IKEZOE GALLET&ROMEO(イケゾエガレ&ロミオ)」成立に至るまでのブランドストーリー。二人の王の名を冠する宝飾家が歩んできた歴史を紹介。