[PR]イケゾエガレ&ロミオの作品購入はこちら >>

タンザナイトの価値について

人気の希少石タンザナイトについて本日は語りたい。

質問者:タンザナイトの宝飾品(指輪やネックレス)の相場について教えてください

相場を語る前にタンザイトが、なぜ希少石扱いをされているのかを諸君が知る必要がある。

タンザナイトの名称の由来は文字通り「タンザニアの石」という意味である。ちなみにタンザナイトの学術上の鉱石名はゾイサイトと呼ばれる。

タンザニア連邦共和国 キリマンジャロ

タンザナイトの色味としては青と紫の混色のようなタンザニアブルーと呼ばれる青が特徴的である。 色が深みというべきか、透明度を持ち合わせた濃い色彩のものほど市場では財産的な価値がある。

タンザナイトは1960年代にアフリカ大陸(東アフリカ地域)のタンザニア連合共和国で発掘される希少宝石である。

希少宝石の理由としては、全部で二点ある。まず一点目は発掘地域が限定されている点である。 現在のところタンザニアのメレラニ鉱山(アルーシャ地区)で発掘されたゾイサイトを一般的にはタンザナイトと認定している。

タンザニア以外で発掘されたゾイサイトはブルーゾイサイトと呼ばれているが、これをタンザナイトと呼ぶには名称的にも判断が分かれるところであろう。それは立場的にはラリマーの産地によく似ているといえる。

二点目はタンザナイトの石の性質である。タンザナイトは非常に内包物が多く、劈開性という非常に割れやすい性質がある。

したがってタンザナイトの宝飾品を超音波洗浄機などで洗浄する事はご法度である。そのような事情があるため宝石質のゾイサイトをタンザナイトとして見出されるのが限定的なために希少石(コレクターストーン)となっている

現在、タンザナイトにおいては石の性質上、非加熱や加熱という過程での検査が困難を極めており、ルビーやサファイアに代表されるように 加熱処理等でタンザナイトの価値は測ることは不可能である。

ちなみに市場に出回っているタンザナイトは、ほとんどが加熱処理(専門用語でエンハンスメント) を施された処理石といわれている。

なぜタンザナイトに加熱処理を行うかといえば、タンザナイトを宝石用加熱器で550度-700度で加熱処理を行うとタンザナイトは色が濃くなり等級が上昇するのである。

初期錬金術

タンザナイトが現在の地位にあるのは、1980年代にアメリカの宝飾会社ティファニーがタンザナイトを宝石(ジェムストーン)としてプロデュース したのがきっかけだ。ゾイサイトが英語の自殺を意味するスーサイドに発音が似ていることから、タンザナイトを商用名称し販売したのである。

モルガナイト、クンツァイトを世に見出したティファニー創業時の在籍していた宝石学者クンツ博士の精神性を 現在のティファニーも今もなお継承されていると思うと脱帽である。

さすがティファニーはグランサンク(世界五大宝飾店)に準ずる権威だけあって、その社会的貢献度には目を見張るものがある。

さて気になるタンザナイトの相場である。

タンザナイトは冒頭でも述べたとおり、非常に内包物(インクルージョン)の多い宝石である。したがってこの内包物が少ないタンザナイトほど価値が高い。つまり高価であるという意味である。

そのなかでも大きなルース5ctから20ctなどの大きさのル―スで、内包物を見受けられないものは タンザナイトの性質上、非常に財産価値が高いといっても良い。

特に近年注目すべきタンザナイトといえば「ピンクタンザナイト」であろう。

ブルーではなく淡いピンクのタンザナイトである。 これは非常に価値の高い希少宝石(ジェムストーン)だといえる。

タンザナイトのジュエリー相場であるが、まず押さておきたい要点としてジュエリーの価値とは、一体どこで決まるのかという点である。

無論、ジュエリーにあしらわれている中石(メインストーン)の等級と大きさ、色、カットの出来栄えで、4C評価次第で価値が大きく異なる。

次に脇石のメレダイヤモンドの等級と総カラット(重さ)、最後に使用されている貴金属(地金)の重さで決まる。 ここにデザインというものは金額的には加味しない。
但し、知名度のあるジュエリー作家の作品や有名ブランドの商品はネーミングバリューという観点から例外といえる。

相場としてタンザイト1ct(VSランク)で4万円から5万円が妥当な価額相場といえる。これを宝飾品(ジュエリー)に仕立て上げると ざっくりであるがキャスト代や石留代等の工賃やメレダイヤの原材料等を算出すると原価で20万円を超える。

末端価額としては販売元のブランド力次第であるが40万円から80万円といった金額帯が相場だろう。

留意しておきたい点であるが1.0ctのタンザナイトの宝石価額が4万円だからといって、10.0ctのタンザナイトのルースが40万円であるという単純計算がジェムストーンの取引に応用できない点である。

なぜならそう簡単にVS等級の10ctのタンザナイトのルースが市場に出回ることがないためである。

以上がタンザナイトの価値について語ったわけだが、本日はタンザニアからプレミアム級のタンザナイトのルースが入手でき、そのルースを使用したジュエリーデザイン制作のためこのあたりで失礼する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA